楢無垢(ナラムク)にこだわった国産の家具・学習デスク|浜本工芸株式会社

家具へのこだわり

やさしさを形にしたデザイン

自然素材が持つ柔らかさや温もりをカタチにした、優しく丸みを帯びたデザイン。当社ではさらに使う人の安全や安心、心の健康までを考えた細心の配慮をデザインして随所に取り入れています。例えばダイニングテーブルの天板や脚部の形状を丸くすることで、ぶつかった際の危険を抑制します。直線的になりやすいキャビネット類は緩やかに曲線を設ける ことで優しい印象と安全性の両方を備えることを可能にしました。

デザインを支える色々な曲木

無垢の板そのものを曲げて加工する曲木の技術。多様なデザインの商品を創作するために多くのメーカーが成形材を使用するなか、当社ではひとつひとつの型に合わせて曲線をつくる精度の高い工法を採用しています。これにより他の成形材にはない木目を活かした曲木のデザインや、耐久性に優れた強度の実現が可能に。長年培ってきた当社のノウハウがあるからこその技です。

美しさと耐久性を保つ接合

当社の家具は、柔らかで丸みを帯びたデザインが特徴です。このデザインを造り、さらに長年の使用にしっかりと耐える強度を出すために重要な工法が部材同士の接合です。なかでも曲木同士の接合では、木目の美しさや曲線のラインを失わないようにするために、加工機器の細かな設定や接着剤の塗布に至るまで入念に、熟練された職人の目で徹底的に確認。通常の物よりも抜けにくくしたダボの形状にまでこだわるなど、見えない部分にまで当社の品質を行き渡らせています。

接合部の接着剤のはみ出しや段差を取り除き、滑らかに繋ぐ擦り合わせの技術。高い技術力と経験がなければ行えない繊細な作業です。

強固な接合部にするための補強材
長年の使用に耐えられる強度を維持するために、「隅木」と呼ばれる補強材を取り付けています。強力な接着剤と木ネジで固定し、より強固な品質に仕上げています。

自然なハギ合わせの技術

一枚物にはない木目の豊かな表情を楽しむことができるハギ合わせの天板。ハギ合わせとは、何枚もの板を圧着して大きな板を形成する加工で、どれひとつと同じ木目のものは出来ません。それだけに楢材が持つ木目の風合いをうまく引き出すために、熟練した職人が加工に携わります。さらに当社独自の基準を設けることで、異なる板目と柾目の模様もより 自然な風合いで組み合わせることを実現しています。また製材した全ての材を無駄なく使い切ることも当社の誇れる技術です。

傷に強いUV塗装
テーブル類、デスク、キャビネットの天板中天板の一部には、傷が付きにくく丈夫にする表面硬度の高いUV塗装を表裏の両面に施しています。

楢(ナラ)・オーク材を生かすワイピング塗装

楢(ナラ)・オーク材の美しい木目と木肌の風合いを引き出すために、当社ではすべての家具にワイピング塗装を行っています。これは、木材の導管と素地に着色を行い、より深みのある色と艶を引き出す大切な工程です。それだけにこの工程はどんなに機械化が進んでも人の手で行わなくてはなりません。その日の塗料の馴染み具合や木材によって微妙に異なる木肌のひとつひとつを確認しながら、熟練の手で仕上げていきます。時間と技と、そして愛情を注いだ美しさです。

このページの先頭へ

浜本工芸株式会社

〒734-0013 広島市南区出島2-14-37